落ち込んでいる人は、こうやって励まそう

人間は、誰しも失敗を犯すものです。そしてその失敗が大きければ大きいほど、自分の力だけでは立ち直るのが難しくなります。もしあなたの周りに失敗した人がいたら、上手にフォローして、支えてあげましょう。すると、もしあなたが失敗して1人立ち尽くしているとき、これまで自分が助けてきたみんなが、「頑張ろう」と手を貸してくれるはずです。

落ち込んでいる人を上手に慰めるための方法を、いくつか紹介していきましょう。

まず叱って、フォローする

大きなミスを犯して、会社に迷惑をかけた若い社員がいるとします。もしあなたが上司ならば、一体どんな言葉を掛けるでしょうか?

優しい方ならば、「もういいよ」「次頑張ろう」と言ってあげるかもしれません。しかし、こうした無条件の甘さが、相手にとってプレッシャーとなることもあります。「もっと叱られて当然なのに…」と、逆にあなたに不信感を抱く結果になるかもしれません。

決定的なミスを犯した人には、一度鋭く注意を与えることも大切です。「確かにこれはおまえのミスだ」と責任の所在をただし、「でも、そうやってうつむいていても何も変わらないんだぞ」と優しく諭してあげてください。きっと彼は、もう二度と同じミスを犯しません。

楽しいジョークで、立ち直らせる

親しい者との別れ、あるいは友人からの裏切りなど、精神的なショックで落ち込んでいる人には、努めて明るい言葉を掛けてあげてください。ジョークも織り交ぜながら、相手を笑わせる努力をしましょう。笑いは、人を内側から元気にする作用があるそうです。

未来のことを語って…

たとえばベッドで男としての役目が果たせず、うなだれている中高年の男性には、パートナーの女性としてどんな言葉を掛けてあげればいいのでしょう。切実な問題なので、笑ってごまかすことはできません。そんなときは、未来を語って励ましましょう。「今度バイアグラを試してみましょうよ。実はこないだ聞いたんだけど、うちの近所のご夫婦も結構使ってるみたいよ?」、そう言ってあげてください。言外に、あなたが彼を責めていないという気持ちも伝わります。切実な悩みには、「希望」を感じさせる励ましがベストです。

今日もいろいろな理由で、あなたの周りの人たちが落ち込んでいるはずです。情けは人のためならず、ではありませんが、自分のためにも相手を上手に勇気づけてあげましょう。

PAGETOP