女性の仕事相手に好感される方法

仕事相手が女性の場合、男性は気遣いを持って接する必要があります。男性同士なら気にしないことでも、女性は気にすることが多くあります。しかも仕事相手であるため、「女って面倒だな…」と考えてはイケません。仕事ですので、性別に関係なく相手からの好印象を引き出す重要性は同じです。

そこで、まずは「女性の仕事相手にやってはダメなこと」を紹介していきます。

女性の仕事相手にやってはダメなこと

女性の仕事相手にやってはダメなことは以下の通りです。

■腕組みをして話す
基本的には男性同士でもやってはダメなことですが、女性

男性以上に腕組みされるのを嫌がります。さらに気難しそうな顔をするのもダメでしょう。女性は心理的に、「力」を連想させるものを嫌がります。したがって腕は組まず、あまり気難しい表情もしない方が良いでしょう。

■体臭、過度の香水
致命的です。女性が心理的、生理的に最も嫌がるのは男性の嫌な体臭です。異性として嫌われるのはもちろん、「この人と仕事はしたくない」と思われるのも当然でしょう。そのような状態で良い仕事は出来るはずもなく、悪印象を持たれたまま仕事を続けなければいけません。

■高圧的な態度
こちらも致命的です。日本ではいまだに女子社員や女性の人材を下に見る風習がありますが、何を目的に下に見ているのでしょうか?女子社員を下に見たところで、得られるのはわずかな自己満足だけです。もちろん好印象を持たれることはありませんし、上記の通り、女性は心理的に「力」を連想させるものを嫌がります。男性or女性に関係なく、対等な仕事相手として接するようにしてください。

喜ばれる行動は?

それでは、逆に「心理的に女性に好感される行動」を紹介していきます。

■お茶を持ってきた女性に対して
席に着くと、しばらくしてお茶が運ばれてきます。この時、ちゃんとお茶を持ってきた人に「ありがとう」と言っているでしょうか?細かいように思えますが、女性はそのような部分をよく観察しています。また、「ありがとう」と素っ気なく言うのではなく、ちゃんと持ってきた人の顔を見て笑顔で言うようにしてください。そうすれば商談が始まる前に好印象を引き出すことが可能です。

■片付け
商談が長引くと、書類などがテーブルに散乱することもあります。男性同士なら誰も気にしないでしょうが、出来るだけ散乱しないよう、こまめに片付ける(書類をまとめる)ようにしてください。ほとんどの男性は出来ないことなので、逆に「この人は普通の男性と違う」と、女性は興味を持ってあなたを見ることになります。

女性の仕事相手と接する時は、男性はむしろ「チャンスだ!」と思っても良いでしょう。なぜなら、多くの男性はNG行動を普通にしていますし、女性に喜ばれる行動もほとんど出来ていません。だからこそ、それが出来る男性には好印象を持ってくれるものです。男性同士では得られない好印象も、女性からなら引き出すことが可能ということです。

PAGETOP