マイルームで恋を始める心理学テクニック

気になる異性をついに自分の部屋に招待することになったとしたら……。これほどのチャンスを手にしても、奥手の方はなかなか自分からアクションを起こしづらいですよね。

「もしもこのまま、何事もなく友達になってしまったら?!」そんな不安を解決するために、心理学のテクニックを使ってみましょう。マイルームで恋を始めるために使える心理学の知識についてお伝えします。

心地いい空間が恋につながる

恋が始まりやすい部屋、と聞くとどんな部屋を思い浮かべるでしょうか。いかにも異性からウケそうなクールな部屋でしょうか。それとも、ラブホテルの一室のような情熱的な部屋でしょうか。

心理学の「フィーリンググッド効果」に則って言うならば、恋が始まりやすい部屋とは、"心地いい空間"ということになります。ある心理学の実験で、自分の好きな音楽が流れる部屋と嫌いな音楽が流れる部屋で、女子大生に異性の写真を見てもらいました。すると、自分の好きな音楽の流れる部屋で見た人の方を、好意的に評価するという結果が出たのです。このような結果から、心理学的には、人間は自分にとって心地のいい空間で出会った相手に好意を抱きやすいと言われています。

このような「フィーリンググッド効果」を上手く使えば、相手との関係を恋に発展させることができます。夏のビーチでのひと夏の恋や、スキー場でのゲレンデマジックなども、空間によって恋が始まるひとつの例です。

つまり、部屋に遊びに来る異性に好意を持ってもらうためには、"その人にとって心地いい部屋"を用意しておくことが重要となります。事前に相手の好きな音楽の情報を聞き出しておいて、部屋でかけてみるなどの工夫をしてみるのもいいかもしれません。相手の好みについての知識があればあるほど、イメージしやすいですね。もちろん、誰にとっても気持ちがいいように、部屋を清潔にしておく程度の基本的な配慮はしておきましょう。

ホラー映画で親和欲求を高める!

フィーリンググッド効果にプラスして恋のチャンスを手に入れるなら、"親和欲求"を高めるしかけを用意しましょう。親和欲求とは、誰かと一緒にいたくなる気持ちのことで、とくに「怖い」と感じる時に強く発生することが分かっています。

せっかく部屋に2人きりで過ごすのですから、このチャンスを利用しない手はありません。借りてきたホラー映画のDVDを観るなど、2人で怖がってドキドキできるイベントを用意しておきましょう。親和欲求によって、一気に距離が縮まるかもしれません。

家に人を招待する時は、準備を念入りに!

部屋に異性を招待するなら、「フィーリンググッド効果」と「親和欲求」を利用して2人の距離を近づけてみましょう。前もってしっかりと手配しておくことで、その後のアクションも起こしやすくなるかもしれません。

もしかしたらそのまま意中の人と夜を過ごすことになるかもしれませんから、こちらも準備もきちんとしておきたいですね。避妊具だけでなく、いざという時に緊張で勃起できない可能性も考えて、ED治療薬のバイアグラを揃えておくのもひとつの手です。薬は医療機関で処方してもらうことができますから、あらかじめ入手しておきましょう。

あなたも心理学のテクニックを利用して、恋が始まりやすいマイルームを作ってみませんか。


PAGETOP