うまくゆかない恋。愛着行動とコミュニケーションツールですれ違い

今、恋人とうまくいっていないと感じるなら、心理学の知識を味方につけてみましょう。恋愛関係は、友達との友情と違って、心の動きがやや複雑になります。相手の気持ちを想像することで、今の恋人との関係を改善できるかもしれません。

恋人とうまくゆかないのはなぜ? 気になる恋愛の悩みを解決するのに役立つ、心理学の知識についてお伝えします。

すれ違いは愛着行動の違い?

「やっと意中の相手とお付き合いが始まったというのに、なんだかいつも喧嘩ばかりで、うま くいっていないような気がする……」そんなときは、パートナーとの間に「愛着行動」の違いがあるかもしれません。愛着行動とは、乳児と母親との間で行われる親密なコミュニケーションを指す、心理学の用語です。幼少期における母親との関係は、大人になった後も、その人の対人コミュニケーションのタイプを形作るといわれています。

愛着行動には、3つのパターンがあります。「安定型」と「回避型」と「不安型」です。安定型とは、母親との関係が良好で、十分な愛情を注がれて育ったタイプのことです。他人に信頼感を抱くことができ、自然と素直に愛情を表現することができます。逆に、母親との関係がうまくゆかないと、回避型や不安型といったタイプになります。回避型は他人との信頼関係を結ぶのが苦手で、コミュニケーションを避ける傾向があります。不安型は、相手が自分を必要としていないのではないかという不安に陥りやすく、攻撃的になったり、わざと遠ざかったり、といった行動を取ってしまいます。

回避型と不安型のタイプの人は、恋愛におけるコミュニケーションでも、上手な愛情表現をできないことがあります。もしもあなたやあなたの恋人が回避型や不安型に当てはまると感じるなら、まずは自分の傾向を意識してコミュニケーションを取るように心がけてみましょう。原因の分からないすれ違いを、少しくらい緩和できるかもしれません。

LINEやメールはすれ違いのもと?

1人1台スマートフォンを持つ現代では、告白など恋のやり取りをLINEやメールですることが当たり前となってきています。ほとんどリアルタイムでやり取りのできるこれらのコミュニケーションツールは、世の中のカップルたちが、いつでも恋人と連絡を取れる環境を作り出しました。しかし、好きな人とすぐにコミュニケーションを取れるツールは、恋愛における安心感に貢献した一方で、また別の問題も生み出しました。LINEやメールといったコミュニケーションツールの使い方の違いによって、二人の関係に亀裂が入るケースが出てきたのです。

たとえば、彼女としては「メッセージを送ったら数分以内に返信が返ってくるはず」と考えていても、彼氏が「メッセージを受け取ったらその日のうちに返せばいい」と考えていることもあり得るわけです。コミュニケーションツールの使い方には、決まりがありません。したがって、二人の捉え方の違いによって、すれ違いが起こってしまいます。「彼からの返信が丸一日来ない!」と不満に感じているのならば、一度二人で話し合ってみてはいかがでしょうか。もしかしたら、そこに考え方の違いが潜んでいるかもしれません。

恋人とのすれ違いの原因には、愛着行動の違いがあるかもしれません。すれ違いの原因にもなってしまうコミュニケーションツールの使い方についても、一度二人で考え方の確認をしてみましょう。心理学の知識を頼りに、恋人との仲を良好に保てるといいですね。


PAGETOP